施工の合理化についての記述例



1、あなたが実施した施工の合理化の事例

【事例1

①工種または部位等:鉄筋工事、型枠工事

②合理化を行った目的と実施した内容

躯体工事の工程短縮と品質確保のため、基準階のスラブ型枠

にトラス筋付きデッキプレートを採用した。

③実施した内容が合理化にむすびつく理由

トラス筋付きデッキプレートは、スラブ型枠の解体作業がなく、

下階の作業に早期着手でき、スラブ配筋も配力方向の配筋

のみのため、鉄筋工事の作業を省力化でき、工期短縮

にもつながると考えたため。

④実施した内容が品質を確保できる理由

トラス筋付きデッキプレートは、工場にてトラス筋を取り付けて

くるため、その配筋は精度がよく、品質を確保できると考えるため。

 

 

【事例2

①工種または部位等:木工事(造作工事)

②合理化を行った目的と実施した内容

仕上げ工事の工期短縮のため、各住戸の異なる下駄箱

スペースの壁をふかすことにより統一し、工場生産品の

同寸法の下駄箱を採用した。

③実施した内容が合理化にむすびつく理由

工場生産品の下駄箱を取り付けるだけなので、造作大工の

手間が省力化でき、工期短縮につながると考えたため。

 

 

④実施した内容が品質を確保できる理由

工場生産品の下駄箱は、その品質の均一性が保たれ、

作業員の技量によるばらつきがなくなり、品質が確保

できると考えたため。

 

2、施工の合理化の方法であって、建設資材廃棄物の縮減に効果があると考えられる施工方法と、それが効果的であると考える理由

①建設資材廃棄物の縮減に効果があると考えられる施工方法

事務室などの大空間の天井においては在来工法の

軽量鉄骨天井下地による天井をシステム天井として、

現場作業の軽減による省力化を進めていく。

 

②効果的であると考える理由

在来工法の天井は、軽量鉄骨下地及び石こうボードや

設備関係の穴開け等で廃棄物が発生するが、システム天井はその

廃棄物の発生がなく、建設資材廃棄物の縮減に効果が

あると考えたため。


建築士ランキング