小心者のblog

旅行と建築とベビメタと

タグ:1級施工管理

ということで
一級建築施工管理技士の実地試験の記述例を
3回にわたってシェアしたいと思います。

(気まぐれなのでたまにまた更新するかも)

建設副産物対策についての記述例


1、工事概要であげた工事において、計画し実施した発生抑制と再生利用

【発生抑制】

①工種名:型枠工事

②計画・実施した内容

基準階のスラブの型枠として、合板型枠廃材の発生を抑制するため、

監理者の承認を得て、合板型枠工法に代えて、型枠を解体しないデッキプレート

型枠工法を採用した。

③結果と波及効果

デッキプレート型枠工法を採用したことで、スラブの型枠廃材の発生を

抑制できた。さらに、スラブ型枠の解体がないため、後工程への

早期着手ができ、工期短縮にもつながった。


【発生抑制】

①工種名:木工事

②計画・実施した内容

各住戸の現場製作仕様による木製建具及び木製額縁の

現場加工時に発生する端材を抑制するため、発注者及び

監理者の承認を得て、工場生産品仕様に変更し、現場では

取付けのみとした。

③結果と波及効果

工場生産品を採用したことにより、現場加工時の端材や

木くずの発生を抑制できた。さらに、端材や木くずの

発生を抑制できたことで、廃棄物処分費の縮減にもつながった。


【再生利用】

①工種名:内装工事

②計画・実施した内容

内装間仕切り等で使用した石こうボードの端材は、

雨にぬれないよう養生を行ったうえ、専用コンテナにより

分別回収を行い、再生工場にひき取らせた。

③結果と波及効果

石こうボードを再生工場で適正に処理することで、

建設副産物の再生利用に貢献できた。さらに、専用コンテナによる

分別回収を行ったことにより、整然として作業環境が

構築され、労働生産性の向上につながった。


2、現場で分別された産業廃棄物の適正処分にあたっての留意事項

①産業廃棄物:金属くず

留意事項:金属くずは、種類ごとの分類方法や量、回収の

時期について、適正かつ速やかに回収ができるよう、事前に

リサイクル業者またはメーカー側と打ち合わせを行う。


②石こうボード廃材

留意事項:廃棄物処理法による許可を得た収集運搬業者

及び処分業者と委託契約を締結するとともに、マニフェスト

伝票により廃棄物の処理状況についても確認する。

 

試験がんばりましょ~





建築学ランキング

平成28年と平成29年に1級施工管理試験を受験したときに
実地試験の情報が全然なくて苦労したので
私が合格した方法を載せてみたいと思います

攻略法がわかれば1発合格はできます!
1発で受からなくても翌年は絶対合格できます!

それでは早速その方法をば~

まずは使用した教材です

地域開発研究所から出版されているこちら

1級建築施工管理技術検定実地試験問題解説集(2019年版) [ 地域開発研究所 ]

価格:3,672円
(2019/9/30 21:03時点)
感想(0件)


この教材を使ってさらにこの講習会に行ったことで
攻略法をGETしました

なのでこの本に沿って解説していきます
試験の問題順と同じなのでそこもいい点だと思います


施工経験記述

これ!これが全然ネットに解答例がなくて一番困るところ!
特に私は改修工事ばかりだったので、大手ゼネコンのような
最新技術を利用した工夫点なんて全然ない。゜(´Д`)゜。
なので文章例のやって当り前~なことをさもすごい工夫したかのように
書きました!
しかし文章例って自分が経験したことに当てはまらないことが多くて
ホントにネットで検索しまくりましたよ(´Д⊂)

しかし!ここでその文章例を得る裏ワザ!!!!
試験会場付近で○合学院や日○学院が直前チラシを配っています
そこに解答例文が載っているんですよ!
しかも結構長文でとても参考になる!
これをGETできればかなり勉強になると思います!

順番が前後しましたが、『施工経験記述』の攻略法です!
ここ10年この記述問題のテーマは『品質』『工程合理化』『副産物環境』
の3つが順番に出題されているのです

前年の試験と同じテーマが2年続けて出題されるということが
いままでないので、前年と違うふたつのテーマについて
あらかじめ文章を用意して暗記しましょう!

誤字脱字に注意して、工事場所は『~丁目』までしっかり覚えていきましょう

そして工期や工事内容、工事場所などは整合性がとれていることを確認してください

仮設・安全

2問目は『安全管理』か『仮設計画』かどちらかについて
2つ文章を解答するところです。

ここも過去問を見ると『安全管理』と『仮設計画』が交互に出題されているので
前年の問題を見てどちらかを対策しておけばOK!

出題される問題も過去問と似たような問題が多数なので
『足場』『クレーン』『仮設電気設備』なんかの共通した注意点や
『墜落』『崩壊』『重機』なんかの災害対策を過去問の解答を覚えればgood!

躯体施工
仕上施工
3問目と4問目は『適当な語句の記入』と『留意事項の記述』が交互に出題されています

つまり、3問目が『適当な語句の記入』いわゆる文章の穴埋め問題だとすると
4問目は『留意事項の記述』になるということ

これも毎年交互に出されるので、前年と反対のパターンで出題されます
前年の問題を確認して穴埋めか記述かを判断したら
あとは該当する過去問をひたすらやるしかない
(穴埋めだったら穴埋めのときの過去問やるということ)

でも何年か過去問さかのぼるとこれも結構似た問題ばかり
その部分を覚えると早いと思います

施工管理

5問目は工程管理の問題
ここ10年はバーチャートの工程なので違和感を自分で探しだす感じ
自分の関わった工事の工程表をゼロから一度引いてみると想像できるかも

実はこの問題で私が受験した年は全く新しい問題が出題されたんですよね~
なので、最後の1問を捨てたとしても前半の『作業名の穴埋め』や
『適当な工程の時期』の部分は外せないです

法規

そして最後の問題『法規』
これ、穴埋め問題なんだけどなんせ法令と一言一句違うとバツ
なのでホントにシビア
激熱なのは『建設業法』『労働安全衛生法』

セミナーで教わった激熱法文を下に載せます

・建設業法・・・法第1条、法第5条、法第18条、法第19条1~4、法第20条、法第22条、法第23条、法第24条の2~7、法第25条の27、法第26条の3
・労働安全衛生法・・・法第1条、3条、14条、29条、30条、59条
・建築基準法・・・施行令第136条の2の20、令136条の3~8

穴埋めなので、『熟語』や『数字』をメインに覚えるといいです


       



建築学ランキング

↑このページのトップヘ